帰り途

 

見慣れた景色に感受性失い 荒んでく心はもう戻れなくて

白い目線 さす指 塞いだ両手で 傷つけ傷つくその狭間で

不安定を失った不安の中で また煙草に火をつけ誤魔化して

今日がもう終わる

 

思わず歩みを緩めれば君は居ない 奥二重のあの眼が見ていたもの

君の云う永遠に手が届きそう 擦り減らした運命もそれだと言う

時折揺らいでいる視界もそう 動かない心も温もりも

今日がもう終わる

 

君がいて僕がいた それだけで僕ら無敵だった

あの空も未来さえも怖くなかった

 

謝罪の台詞を土産に帰る途 解ってる 居ないんだろう

期待などしていません

 

 

 

作詞/作曲 千野洋平