弱音

 

言いたいことはたくさんある 言えないことはもっともっとあって

わかって欲しくなんかないんだって そうだね

こんなんじゃないんだ本当の僕は 此処には無いんだ 僕の心は

いつもそう 一人のほうが楽で

 

人影に隠れ遠目で見ていた 近づきすぎると少し怖くて

笑ってる誰かのそばに本当はいたくて でも嫌いで

 

嫌なこと多くなったな 嫌な人多くなったな

でも許せない自分の方がもっと多くて 人怖くて

わからないままでいいから 言葉なら必要無いから

明日なら来なくていいから 独りにだけはしないで

 

考えるほどに誰も悪くなくて 求めるほどに誰も要らなくて

弱い自分に少し泣いたその後で心はまた沈んで

 

どうにでもなればいいと割り切ったはずならどうして

この手首から流れる血は止まってしまうの

本当は生きたかった 本当はわかって欲しかった

抱きしめてくれなくていいから独りにだけはしないで

                                     作詞/作曲 千野洋平