遊歩道

 

死んだ目をしたアイツはサヨナラを告げていた

全然、誰のせいでもなくただ決まっていた事のように

泣いてすがったって安心なんて

降ってはこないのさ 別にいいけど

「地球の重力なんて楽しそうにしていれば消してしまえる」

と誰かが笑う

東京、空さえ重くのしかかる

こんなにも人で溢れているのに

寂しいだなんてねえ 苦しいなんてねえ

心は隠したままで夢を描いて

同じ場所へ靴を並べ ただいまって言えたらだなんて

都合いいよなあ

明日あなたに会えたら遊歩道を並んで歩こう

​全て忘れて できれば笑顔で

                                     作詞/作曲 千野洋平